庭を綺麗に見せるために|通販サイトで芝生を購入しよう

球根からの花の育て方

花

植え付けから開花まで

春の植物には、桜や梅、菜の花やタンポポなどたくさんの種類があり、ガーデニングに適している花も多く、自宅の花壇で球根の植え付けから開花までを楽しむことができます。 春の代名詞とも言えるチューリップは、色とりどりのカップのような花で、秋に球根を植えることできれいな花を咲かせます。花壇を利用する場合は、肥料を混ぜた水はけの良い土の表面から5センチ程の深さに球根を植えます。その時に注意することは、球根の葉が出る方向と花が咲く部分を意識して植え、水をたっぷり与えることです。その後は、晴れの日が続く時にだけ水やりをしますが、基本的には自然の雨に任せ、3月以降から始まる開花を待ちます。冬から春の植物として代表的な水仙も白色と黄色が可愛らしい球根植物ですが、寒さに強く苗から植えることもできます。秋頃の9月から11月までに日当たりと水はけの良い用土か市販の培養土の表面から6センチ程の深さに球根を植えます。球根と球根の間隔は10センチから20センチ取り、球根から出る葉の向きに気を付けて植え付けます。また、水仙は水をたくさん必要とする植物なので、土の表面が乾いたらたっぷり水を与え、1月頃からの開花を待ちます。花を楽しんだ後の球根は、傷を付けないように丁寧に掘り出し、ネットなどに入れて風通しの良い日陰にぶら下げて保存します。 チューリップや水仙の他にも春の植物はたくさんあるので、ガーデニングのイメージに合わせて色々な花を植えると花壇が一気に華やぎます。